推し変は気まずい?罪悪感?推しを変えるきっかけとつらくなる理由とは

コラム
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「推し変」(おしへん)とは、自分がこれまで応援してきた推しキャラクターから別のキャラクターへ推しを変更することです。

オタク女子仲間同士では、「推し変しそう」「推し変したら気まずい」「推しに罪悪感がある」という複雑な気持ちがあり、友達にはなかなか打ち明けられないという方も多いのではないでしょうか?

そんな推し変に悩むアニオタ女子のために、推し変についてまとめてみました。

推し変したくなるきっかけや理由

思っていたキャラクターと違って

推しを決めた当初は知らなかったけれど、実際は性格の違うキャラクターだった、なんてことありますよね。思っていたキャラクターと違ったからという推し変をしたいという方も多いのでは?

見た目だけではなく、やはりキャラクターの中身も重要ですよね。性格は、当初ではなかなか気づきにくいものです。ストーリーを進める上でキャラクターの新たな性格を発見することも多いでしょう。

他のキャラクターの成長や過去に触れて

ゲームストーリーを進めていくことで、キャラクターの過去や人生背景、成長など知らなかった一面を知っていくことができます。そんな面をみて、推しのキャラクター以外の他のキャラクターに魅力を感じることは多々あるでしょう。

過去や苦労などのキャラクターの人生背景は後々分かってくることが多いので、推しを決めた後に他のキャラクターの魅力に気づくことも多いのです。

ライブをみて

声優さんが行うライブを観て推し変する方も多いようです。キャラクターへの思いが強い声優さんはライブ時にはなりきって歌ってくれます。ライブでの盛り上がりや曲の良さに気づかされると、推し変したいという思いも強くなる場合が多いようです。

友達の推しの話を聞いていて

友達の話を聞いていて、友達の推しに魅力を感じてくるという方も多いのではないでしょうか?共感できる面が多いと、推しへの熱はより大きなものになっていきます。

推しが被るのを嫌がる同担拒否も多いので、友達がどんな性格の子か気を付ける必要もあるでしょう。

推し変がつらく感じる理由

友達と推しが被る

推しが被るのはなかなかツラいですよね。先ほど挙げたように、ましてや同担拒否の友達だったら、なかなか打ち明けることができないでしょう。

同担拒否の場合、話してしまうとトラブルに繋がる可能性もあります。友達の性格を見極めて打ち明けることをお勧めします。

オタク女子仲間同士で気まずくなる

今まで熱く推しを語ってきた仲間に対して、推し変を打ち明けるのは中々難しいでしょう。軽い子と思われてしまうのが嫌と感じている方も多いはず。オタ仲間同士で気まずくなってしまう可能性もあります。

今まで集めてきたグッズがある

今まで貢いできた推しのグッズをみると、推し変するのがなんだかいたたまれない気持ちになるでしょう。これまでこんなに応援してきたのに、キャラクターへの申し訳なさや罪悪感などから推し変をためらう方もいるのでは?

友達と協力してグッズを集めてきた

推し変グッズを友達と一緒にコツコツ集めてきた場合もなかなか推し変しにくい状況でしょう。交換を手伝ってもらった、グッズを貰ったなどという場合は打ち明けにくい状況ですよね。

推し変できない方への対応方法

推し変への気持ちを増す

ストーリー上、推しがなかなか活躍しない場合に他のキャラクターへの思いがつのって推し変したくなるというケースが多いです。なので、推しのいいところを再認識しましょう。

徐々に推しをシフトしていく

ガラリと急に推し変するのではなく、徐々に推しをシフトしていくのが無難でしょう。2推しになったと伝えれば、オタ友に対する不自然さもないはずです。

徐々にグッズ差をつけていけば、いつの間にか推しが切り替わった!?という流れを作り上げていくことができます。トラブルが起こりにくい1番無難な方法でしょう。

そもそも誰を応援するかはあなたの自由

そもそも、あなたが誰を応援するかはあなたの自由です。アニメは癒しのコンテンツ。

「推し」は、あなたの好きなキャラクターを応援したいという意味があると考えます。ならば、あなたが誰を応援しようと自由ではないでしょうか?

なかなか推し変を打ち明けるのは難しいですが、徐々にシフトしていくなどして自由にオタ活をしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました