オタク女子がやりがち!?周囲に引かれちゃうオタクの特徴

コラム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

オタクという言葉は、昔より敬遠されるものではなくなってきました。オタクを公表し堂々と活動されている女性も多いですよね。

オタクへの理解が高まりと活動しやすい環境になってきたのは、オタク女子にとって嬉しいことです。

でも、オタクをまだまだ受け入れない人がいるのも事実です。きっと、実感したことがある方もいらっしゃるでしょう。

実は、オタク女子こそやりがちな、 周囲に引かれちゃう特徴があります。オタク女子同士なら問題がないかもしれませんが、オタク以外の方など相手に合わせたトーク術も重要です。

中にはオタク以外の方との接し方を、気をつけている方もいらっしゃいますよね。改めて自分を見つめてみましょう。

勢いよく弾丸で語る

喋りだすと、一気にとまらなくなってしまいませんか?熱く語りがちなのはオタクあるあるです。

喋った方はすっきり、熱く思いを語って満足感が高くなります。しかし、相手はどうでしょう。

自分が喋る間もなく話されたら、思いを一気に喋られたら。オタク以外の方は、引いてしまいがちです。少しずつ相手の反応を伺いながらしゃべりましょう。

つい早口になる

相手と会話しているとき早口で喋っていませんか?

好きなものの話は早口になりがちです。あれもこれも話したい!って気持ち、よく分かります。

しかし、早口だと相手に伝わりづらいのです。落ち着いて話すことでより伝わりやすくなります。

急にテンションがアガる

好きな話題になったとき、推しキャラを見たとき、突然テンションがあがってしまいませんか?

相手もオタクで、お互いにテンションがあがってるなら問題ないとのですが、そうではない方と一緒だと驚かれてしまいます。

落ち着いて話して自分を受け入れてもらいましょう。

下ネタを出してしまう

BLに抵抗がない腐女子がやりがちな下ネタトーク。

同ジャンルが好きな女子同士ならもちろんいいでしょう。しかし、苦手な方もいるのは事実です。

受け入れてくれる相手なのか、しっかり判断してから話してみましょう。

ファッションがアニメ系ばかり

服装がアニメプリントのものばかりになっていませんか? オンオフの切り替えは、TPO的にも重要です。

相手によってはオタクを隠している方もいます。知り合いにバレたくないという人もいるでしょう。一緒に歩きづらかったり、オシャレなお店に入りづらいと感じるかもしれません。

推しキャラのカラーでまとめるなど、露骨なアニメ表現を少し抑えてコーディネートを意識してみましょう。

この記事のまとめ

熱くなりがちなオタク女子。もちろんそれは悪いことではありません。

ただ、周囲の印象も気になりませんか?

相手に合わせたトークを身に付けることも人間関係では重要です。円滑な人間関係は、相手への配慮が大切です。

一歩下がって自分を見つめなおしてみましょう。 オシコレは、オタク女子を応援しています!

タイトルとURLをコピーしました